• 温泉
  • お料理
  • お部屋
  • 館内のご案内
  • 育するコンセプト
  • オプション
  • 交通アクセス
  • ご予約
  • 余白

「好き」がギュッと詰まった【Cafe Chitoseya】

ボンジュール? マスターご夫妻の「好き」がギュッと詰まったギフトボックスのようなCafe Chitoseyaへ、ランチに行って参りましたヽ(*゚ー゚*)ノ

ランチを待っている間に、Cafeの雑貨たちに目を向けます。最初に目にとまったのは火鉢。

次に目に飛び込んできたのは、ファイヤーキングとケロヨン。ファイヤーキングはアメリカの耐熱ガラス容器メーカー・アンカーホッキング社の製品で、根強い人気がありますね。このホワイトカラーとスタッキングマグが特徴的。

子供連れの方には嬉しい畳スペースもあります!Cafe chitoseya

その手前の冷蔵庫に見えるは・・・クラフトビールの数々。今日はどれをいただきましょうか。ビール好きにはたまらないですね\(^o^)/。

Cafe内を楽しませてもらっている間に、オーダーしたランチがやってきました。本日はOTONASAMA LUNCH(1,300円)。メインディッシュは、牛肉のお尻の部分で特に柔らかいところだけ切り出した「イチボ」。サッパリしていてとても食べやすい。

今日の付け合わせは、サラダ(ブルーチーズが入ったオリジナルドレッシングがハマりました!)、シュー・ファルシ(キャベツの詰め物)、自家製ベーコンのテリーヌとキャロットラペ。気づいたかな?実は、今日のOTONASAMA LUNCH、フレンチのラインナップなのです。

お食事はフレンチ、でもこの骨董品のような和風なお皿。フレンチがきどらないで、このプレートでいただける理由は、Cafeのコンセプトに所以しています。ご飯にも手作りフランス国旗が!!!Cafeに行った時に、マスターに聞いてね?

最後に本日のデザートは、フランスのジンジャークッキとベルギーチョコレートのトリュフ。コーヒーは、ペルーの生豆を自家焙煎したものをストレートで。ん、自家焙煎!?話を聞くと奥深い・・・生豆を買ってきてから、どうやって好きな味を出すかまで色々聞いちゃいました!ますますコーヒー好きになっちゃいます。

別の日に訪れた時のランチもご紹介しちゃいます!ピザ、サンドイッチ、カレーライスなどが定番メニューでありますが、曜日によってラーメンがあったりして・・・(詳細はFBでチェック)!

こちらは、サンドイッチセット。中の具材は、その日によって変わります。これもオーナーのこだわり。少しアジアンな香りのするドレッシングも美味。900円。
Cafe chitoseya

野菜たっぷりプロヴァンス風カレー(ピクルスも美味し!)1,000円。カレーが和風な器でとても映えますね。
Cafe chitoseya

こちらは、酒粕をつかったチーズケーキ。ふんわり日本酒の香りがしました。
Cafe chitoseya

とことん好きなものを追求しつつも、でも自然とそのこだわりがCafeの中に溢れているギフトボックスのような宝箱のようなCafe Chitoseya。本当は、わたしが見つけたマスターご夫婦の「好き」をもっと伝えたいところですが、皆さんの「好き」を見つける楽しみを奪ってしまうので、本日はこのあたりにしておきます (*゚▽゚)ノ

?Cafe Chitoseya
住所:下田市東本郷2丁目1?17 外岡ビル 1F
電話:0558-27-0387
営業時間:11:00 ~ 22:00(L.O. 22:00)(定休日 水曜日 月1回日曜日)

Comments are closed.