• 温泉
  • お料理
  • お部屋
  • 館内のご案内
  • 育するコンセプト
  • オプション
  • 交通アクセス
  • ご予約
  • 余白

Category Archives: トップページ特集

禅の湯 温泉たっぷり 化粧水 美容液 乳液

飲むことができる自家源泉 禅の湯の周りにある風景 天城の豊かな自然をコンセプトに この製品を作り出しました。

毎日禅の湯の温泉に入っている スタッフの実感から作られた化粧品。 良質の温泉水を実感できます。

   

主成分の90%以上が、飲むことのできる温泉水を使用。 まず、ナチュラルであること。

禅の湯の温泉は、自家源泉。 天城の山あいを流れる清流のような柔らかい温泉水は、 余分な混ぜ物が一切なく、飲むことのできる天然温泉です。 この飲める天然温泉を主原料の90%以上使用しています。 毎日肌につけるものだから、ナチュラルであることにこだわりました。   Read more

坐禅体験(日曜日:朝)

08-12-27-003_640

坐禅体験(日曜日:朝)

[row] [span4] 日曜日の朝には、当館に隣接する寺院「慈眼院」にて坐禅を行っています。お泊まりのお客さまにも、坐禅体験としてお気軽にご参加していただければ思います。 時間は一本のお線香が燃え尽きるまでのおよそ45分間。緊張する坐禅のあとは禅の湯の温泉で身も心もあったまりリフレッシュするのが禅の湯の坐禅の醍醐味です? [/span4][span4] [table id=8 /] [/span4] [/row]     DSC_7017_960 DSC_6982_640 DSC_6971_960...
Read more

本物の近海物の金目鯛

当宿でご予約頂くプランの約7割が金目鯛料理のプランです。 以前は3、4割程度だった金目鯛料理が付くプランですが、最近では感覚的にほとんどのお客様がご指定されるようになりました。その変化に驚き、繰り返しご利用頂くお客様に伺うと、おいしい金目鯛を食べられるところが無くて当宿をご利用頂くというお話をよく聞きます。 お話を伺い伊豆周辺の料理屋さんで金目鯛の煮付けなどを食べ歩いたことがありますが、正直なところ美味しいと思えるようなお店にはほとんど出会いませんでした。値段の張る金目鯛ですので、仕入れ的に難しいとは想像できます。ただ“伊豆に来たら金目鯛“というお客様のありがたいイメージもありますので、お客様の期待を裏切らないような美味しい金目鯛の味を育していけるように頑張って仕入れています。   dish_kinme01

金目鯛の煮付け

金目鯛の一番おいしい食べ方と言われているのが、この煮付けです。 金目鯛は部位によって味が変わり、煮付けにすると余すところなく召し上がっていただくことができます。甘辛く煮付けた金目鯛は、この地方の郷土料理といってもいいほどポピュラーな料理です。 伊豆に来たのなら、ぜひ味わっていただきたい海の幸の代表料理です!   [title_box title="禅の湯の金目鯛のおはなし"]   dish_kinme02  

金目鯛 1.2Kg以上はなぜ?

[spacer] DSC_2311_1340下田の人に下田の名産って何?と聞くとまず一番にでてくるのが金目鯛。 下田は金目鯛の水揚げ高が全国 No.1 の日本一! 下田の町では金目鯛をおいしく食べられるお店はたくさんあり、金目鯛を使ったコロッケなどのB級グルメも生まれています。 禅の湯が仕入れる金目鯛は一尾1.2kg以上です。金目は大きくないと脂がのらないので、 たっぷり脂がのったサイズでご用意致します。 リピーターのお客様からは『銀座なら1本1万円は下らないよ』というお声を頂きます。 金目鯛の身は深海魚のため、1年を通して脂肪分が多く、いろんな料理にむく白身です。金目鯛は鯛よりも脂が乗っています。 旬は冬とも言われていますが、いちばん脂ののる時期はお腹にたまごのある時期、産卵直前の6月ころとも言われています。 禅の湯が仕入れさせてもらっている渡辺水産さんによると、時期によって美味い不味いもあるけど、大きさによってほうが、 時期よりも美味しさの影響は大きいと言っています。 ちなみに、禅の湯の金目鯛はスーパーや一般の魚屋さんでは流通していない大きなサイズです。  

地金目、沖金目とは?

[spacer]下田近海で獲れる金目鯛 ひとことで金目鯛と呼んでいますが、市場や料理屋さんでは地金目(じきんめ)、沖金目などと呼ぶことがあります。 これは漁場によって分けられていてそれぞれ特徴があるようです。 いったいどこが違うのか、少し確認してみましょう。 [row] [span4][well]

地金目鯛

下田の町の飲食店やスーパーなどで見られますが、地金目鯛はわずかでほとんどが沖金目鯛です。そのくらい地金目鯛は貴重なものなんです。 伊豆七島の伊豆大島から神津島にかけての西側で獲られた金目鯛を、特に地金目鯛と呼んでいます。 この地金目鯛の漁場までは、下田の港から約1時間半ほど。地金目鯛は特に脂がのって味も濃く、漁場が近いため鮮度もいいのが特徴です。お店ではお刺身はもちろん煮付けにすることが多いのもこの地金目鯛です! 禅の湯の金目鯛はもちろん、地金目鯛です。 でも、社長は“地金目鯛の仕入れは高い高い”と言って経費削減のために止めようという話がありましたが、せっかく伊豆まで来て美味しい金目鯛を食べずにお帰りいただくのは心許ないということで、高い金目鯛を頑張って提供しています。 [/well][/span4][span4][well]

沖金目鯛

地金目に対して、更に沖の魚場で獲れた金目鯛を、総じて沖金目と呼んで区別しています。 金目漁は通常1週間ほどの間、海の上で続けられます。現在では船上の保冷技術も上がり、鮮度を落とさずにたくさん保管できるようになったそうです。大量に水揚げされるので、安価に提供され、家庭の味として親しまれる金目鯛です。 (でも、沖金目鯛でも十分高価で普段の食卓に並ぶというよりも、地元の人にとっても特別な魚です。) [/well][/span4] [/row]   [title_box title="禅の湯の金目鯛の煮付け"] dish_kinme03 [row] [span5]

禅の湯流 旨みダレ

水で甘ったるく炊く煮付けが多いですが、それでは旨味が消えてしまいます。 当館では金目の出汁を取って、その出汁で旨味を消さないようにふっくらと炊き上げます。 [/span5][span3] DSC_9920_1340 [/span3] [/row] [spacer]

脂ののった「大型の地金目鯛」と、 金目の出汁でつくる「旨みタレ」のコラボレーション

[spacer] dish_kinme04 Read more

ヨガ教室(水曜日:午前中)

w-65 DSC00013

禅の湯 ヨガ教室

毎週水曜日:午前中10:30~12:00

予約:不要

1回:1000円 場所:禅の湯 畳の和室 寒くなければ 本堂 など 持ち物:あればヨガマット ブランケット(バスタオルでもいいです) 服装:ストレッチ性のあるような楽な服 動きやすい服 お水など 禅の湯 YOGA講師 フォトギャラリー   [row] [span4] 水曜日の午前中には、インドで修行経験があり、定期的にインドでヨガ漬けの日々を送られる神保先生をお迎えしてのガ教室を開いています。当館のヨガ教室は、たいへんご好評いただき、腰痛持ちの方や身体のメンテナンスで利用される地元のリピーターが多いです 「ヨガってやってみたいけど、なんだか難しいそう … 」と思っている方、ご安心ください。先生が親切丁寧に指導してくれますよ! このクラスは、禅の湯スタッフ達のメンテナンスも兼ねている為、とってもお得なクラス料金で参加頂けます。初めて方も安心してご参加頂けますので、ヨガをやってみたいなっというお試しの方も是非どうぞ? [/span4][span4] [table id=7 /] [/span4] [/row] w-71 w-22 w-40 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// Read more