• 温泉
  • The dishes
  • The room
  • 館内のご案内
  • 育するコンセプト
  • オプション
  • Traffic access
  • reservation
  • margin

子供を育する

禅の湯が提案する【子供を育する】

 

禅の湯は、子供を育てておりますというか禅の湯はずーっと家でもあります現住職は禅の湯の起源でもある天城ハリスコートYHで育ち雅子さん兄弟も住職が建てかえ新しくなった天城ハリスコートYHで育ちました雅子さんたちの部屋を出るとそこはお客様とのシェアスペースで住職・ゆりこさんが二人でYHを営んでいたことによりお客様に学校まで送ってもらったり一緒に近くの浅瀬の川や海で遊んだり時には宿題をみてもらったりと父母と共にお客様達にも育ててもらったという楽しい思い出がたくさんありますちょっと前までは(温泉を掘り当てちょうど禅の湯としてリニューアルする8年前から昨年の5月まで)雅子さん家族もゆりこさん・住職と共に禅の湯の建物の中のお部屋に住んでおりましたその間に3人娘が産まれ娘達も禅の湯で育ち部屋がかなり手狭になったことと長女が小学校にあがるタイミングもあって河津町で1つしかない中学校にも小学校にも徒歩圏内の場所に自宅を設けることを決意し引越しを致しました

現状の禅の湯はうちの子供たちにとっても祖父母である住職・ゆりこさん夫婦の家なのでおじいちゃん・おばあちゃんち ということでもあります

DSC00383,vi

Also、禅の湯は子供を育する宿なのでスタッフの子育ても全力で応援します

子供を持つ禅の湯のパパスタッフ達の自宅は離れておりますが育する宿のスタッフ達は子育て感も共通のものがあるのかスタッフの子供達が同じ保育園に通わせて頂いておりますちょっと脱線しますがこの保育園【育する】コンセプトのきっかけになったんですご家族を中心に経営して保育園で子供一人一人に向き合い導き育ち合う保育園なんです本当に素敵な先生方が創り上げている 遊びが学び の保育園作品展や園のおもちゃの写真などを少しご紹介しますがとにかく楽しそうでしょ

この保育園のことはここでは書ききれないのでそのうち保育園のページを専用で作っちゃおうなんて感じです

DSC00609 DSC00564 DSC00571

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

子供達が大好きな園のおもちゃ木でできた素敵なおもちゃがたくさんあります

DSC00228,vi

当館のスタッフは地域を育する方針もあって都会からの移住スタッフが多いです伊豆に住んで子供を育てたいんだけど田舎だからこそ仕事の時間優先ではなく自分のライフスタイルも大切にしたい移住の人たちにとってなかなか条件の良い働かい場所がないことより禅の湯では積極的にそういう希望をもった方を受け入れております

So、伊豆には おじいちゃん・おばあちゃんなどの子育て協力者がいなくスタッフの奥さん達も仕事を持っているので誰もお迎えにいけない時やママが仕事でどうしても休めない状況の時はスタッフの仕事が終わるまで禅の湯でスタッフの子供達を受け入れておりますもちろんお客様には迷惑をかけてはいけないことがお約束雨が降っていない時は庭でおままごと遊びや虫探しなどで遊び外にいけない時は 折り紙やお絵かきで静かに遊んでおります

 

世の中の会社的にはどんな状況でも職場に子供を連れてくるなんてことは許されないと思いますが子供を育する禅の湯だからこそ雅子さんが赤ちゃんをおんぶしてお客様をお迎えすることもあったりママが仕事の時はパパが赤ちゃんをおぶって掃除をしたりとみんなで子供を育てる気持ちで過ごしております

B-G65EqCYAAbUm4

 

スタッフ トッシーが次男をおんぶしてお掃除中ママは別のお仕事中です今日はパパが育児担当してます?

お客様のお子様も我が子と同じ気持ちでお迎えしております

都会では小さなお子様の声がうるさいと怒鳴って怒る大人がいるなど報道されますが小さなお子様が静かにできないのは当たり前だからといって何でもいいではなく他のお客さまのご迷惑になるようなことは「ダメなことはダメだよ」とキチンとお子様とお話をすると不思議と怒らなくても静かにできたりするんです

ちゃんと食べることができることを「すごいね~」と声をかけるとにこっと笑って背筋ピーンできちんと食べることが出来ちゃうのが子供のすごいところ

お食事の間にお子様がパパママより先にお食事が終わられた時などはうちの子供たちと折り紙をしたり絵本を読んだりスタッフの目の届くところで遊んでいたりとほっこりとしてとっても良い光景なんですよ

それが子供を育する禅の湯の日常なのです

Comments are closed.